仕事論

飲んだ次の日は、朝イチでお礼を言おう。

Pocket

キミが若手なら、上司と飲みに言ってご馳走になる場合も多いんじゃないかな。

翌日の朝、必ず朝イチでお礼を言おう。

別に気が利いたことを言う必要はない。

「昨日はありがとうございました」だけで構わないよ。

重要なのは何を言うかではなく、言うか言わないかだからね。

あともう一つ重要なのは「早さ」だ。

会ったその瞬間に言おう。

また得意先など直接会えない場合は、朝イチでメールを入れること。

相手より先に御礼メールを送られたら負けだ。

午後にもなってダラダラ送らずにいたら、「礼儀も知らない若者」と思われるのがオチだ。

早い人は朝7時に御礼メールを送ってくる人もいる。

そのような礼儀礼節、気配りができる人が周りから信頼される人間になっていくんだ。

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。