仕事論

電話を取れ。

Pocket

新人に必要な仕事の一つとして、部署にかかって来た電話を取る、ということがある。

電話を取るのは、誰にとっても面倒な作業だ。

だからこそ、新人がやるのだ。

この面倒な作業をやってくれる人がいるからこそ、周りは助かる。

そして、若手が受電をするかどうかというのを、周りはしっかり見てる。

逆に若手なのに受電をちゃんとやっていなかったら、「若手のくせに生意気だ」という印象を持たれてしまう。

管理職にしかできない仕事があるように、若手用の仕事もある。

そして、若手が若手用の仕事もできなければ、その若手は存在価値がないのだ。

まず誰より率先して電話に出ること。

そのことを覚えて実践していくこと。

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です