「WING」20代の成長論 

電話に出るときは「◯◯でございます」

2019年10月23日
Pocket

前回、電話に出ることが大事と伝えたが、電話の出方も同様に大事である。

電話に出る時、会社名を名乗ると思うが、その時大切なのが、

「◯◯でございます」と、語尾を「ございます」にすることだ。

「◯◯です」だけでは足りない。

その小さな言葉遣いの差が、自身の話し方の機微にも表れ、相手への印象を大きく左右するのだ。

電話はその会社を代表して出るのである。

電話に出た人が印象が悪いと、その会社自体が印象悪く思われてしまうのである。