上司・リーダー論

部下を潰す上司は、A級戦犯。

Pocket

部下を潰す上司は、A級戦犯。

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

キミの周りでも、部下に厳しい上司、部下に優しい上司、理不尽な上司、甘い上司、事なかれ主義の上司、いろいろいるだろう。

もちろん一長一短あるし、「誰からも好かれる」という上司は存在しない。

ただ、どんな上司になるにしても、決してやってはいけないタブーが一つある。

それは、部下を潰す上司だ。

最初からデキる部下なんていない。

最初からできる人なんていない。

20代の若手なら尚更だ。
30代以上だって、未経験の仕事だったらすぐにできるものじゃない。
誰かが教えてあげないとできないものだ。

上司からすると優秀な部下がいた方が助かるのはわかる。
でも最初からできる部下がいるなら、上司であるあなたの存在価値はないと言ってもいい。

どんな人も、化ける可能性を秘めている。

どんなにダメな部下でも、いずれ成長して、大活躍するかもしれない。
どんなにダメな部下でも、今の仕事が合わないだけで、部署が変われば活躍するかもしれない。

そう、今がダメなだけで、時間の経過や環境の変化で、その逸材は化けるかもしれない。

その部下のメンタルを壊してしまったり、健康を害してしまうなどは、その部下の今だけでなく、将来性も潰すことになる。

一人の人間の将来を奪うことと同じなんだ。

一度メンタルを壊してしまうと、すぐに回復できないことも多い。

資本は一つ。可能性は無限大。

「身体は資本」とよく言う。
その唯一の資本である身体が使えなくなってしまうと、その資本から生み出されうるすべての可能性がなくなってしまう。

今の部署から一人分の戦力が減る、というそんな単純な話ではないんだ。

その可能性の芽を摘んでしまうのも、開花させるのも、その上司次第なんだ。

一人の人間には無限の可能性がある。

さあ、新しい一日が始まる。キミは何をする?

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です