コミュニケーション論

結婚できない女性が言いがちな2つのセリフ

Pocket

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

どうも。ぶんぶんです。

今日は「結婚できない女性が言いがちなセリフ」というテーマでお話させていただきます。

あなたの周りにもいると思います。
結婚したいけどできなくて頑張っている女性。
もしかすると、あなた自身がそうかもしれません。

結婚できない女性が「言いがちだけど、言ってはいけない」セリフをその理由とともに本日は話したいと思います。

もちろんそういう人をディスる話ではありません。

これは、婚活の話だけではなく、恋愛の話・人間関係の話にも転用できる話なので、是非ご自身に思い当たるフシはないか、気にしながら読んでもらえたら幸いです。

言いがちなセリフ①「周りにいい男がいない」

まあ勘の良い方なら、こんなセリフを言う人に限ってモテなそうなことはなんとなくわかると思います。

なぜこの言葉が良くないか、ということを掘り下げたいと思います。

さて、急に核心に迫りますが、いい男と出会ったとして、その人に選ばれるんでしょうか?

今まで選ばれてこなかったからこそ、今の状態があるのではないでしょうか?
このセリフを言ってしまう人は、ここの論点をなぜか削除してしまっている。もしかすると、見て見ぬ振りをしているのかもしれません。

たとえば、婚活サイトや婚活アプリで、ある男性があなたの目に止まったとします。顔や年収などのスペックは悪くはなさそうです。
で、実際に会ってみると、あなたにとって魅力的な人に映らなかったとします。

さて、本当に魅力がないのは相手なのでしょうか?

もちろん本当にその可能性もあります。

ただ忘れてはいけないことは、その逆の可能性もある、ということです。
男性側も、実際に来た女性にまったく魅力を感じなかったら、そのデートで本気を出すでしょうか?
もう本当は帰りたくて、ただその場の時間が過ぎるのを待っているだけかもしれません。
この状態では、女性から見た男性も魅力がなく映ってしまうと思います。

ここで言いたいのは、「自分にも原因があるのではないか」という視点を持ちましょう、ということです。

どんなに素敵な人と接点が出来たとしても、あなた自身が退屈な人だったら、その接点がロマンチックな出会いになることはありえません。

結婚できずに「いい男がいない」と言っている女性に限って、自分が男性を採点する側の立場で話しており、逆に自分も採点される側の立場であることを忘れてしまっているのです。

言いがちなセリフ②「いい男は皆、既に結婚している」

これも根本的には前と同じです。

出会いが特別な関係に発展するための本質は、「自分が選ばれる人間か否か」だけです。
「あなたが相手をどう評価する」かは重要ではありません。

仮に「いい男だけど結婚してしまっている人」をAさんとしましょう。

そのAさんを例えば何かしらの魔法を使って、独身時代に戻せたとします。
もちそん、後にAさんの奥さんとなる女性が現れ、Aさんの奥さん候補になるでしょう。

さて、そこであなたは、その女性に魅力で勝てるでしょうか?あなたは独身に戻ったAさんに選ばれるんでしょうか?

前と全く同じです。問題は、いい男がいるかどうかの問題ではなく、あなたが選ばれるだけの価値を持っているかどうか、だけです。

恋愛も結婚も椅子取りゲームではありません。
お互いの魅力で惹かれ合って初めて、成り立つのです。
相手がフリーになったからと言って、早いもの勝ちができるゲームではないのです。いい男・いい女になれば尚更です。

まずは「自分が選ばれてこなかった」という事実を受け入れることから

上記の2つのセリフの共通点として、原因を周りの環境に置いており、自分に原因があることを全く見ようとしていません。

その状態で出会いを増やしても、意味がありません。

オーディションに落ち続けているのに、何の振り返りも改善もせずに、オーディションを受け続けているのと同じことです。

まずは「今まで自分が選ばれてこなかった」という事実を受け入れましょう。

その事実を受け入れて初めて、自分を改善し、成長することができます。

「ありのままの自分を認めてくれる人がいるのでは」というのはただの甘えであり、自分を改善することを放棄しています。

素敵な出会いは、見つけるものではなく、創るものです。
そして、素敵な出会いを創るのは、あなた自身の魅力に他なりません。

もっともっと素敵になった未来のあなたを、きっと探している男性がいるはずです。その未来を、今日から創っていきましょう。

その未来は今のあなたのままでは迎えることはできません。
素敵な人と出会いたければ、自分が素敵な人になるしかないのです・

というわけで、本日は「結婚できない女性の言い訳」というテーマでお話させていただきました。

ちょっと耳が痛い、というよりは、少し受け入れがたい、とか、嫌な気持ち担った人もいるかもしれませんが、敢えて少しストレートにお話させていただきました。

今日は「結婚できない女性が言いがちなセリフ」というテーマでお話させていただきました。

ぶんぶんでした。

さあ、新しい一日が始まる。キミは何をする?

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です