仕事論

新入社員のキミへ。「自分が社会不適合者なんじゃないか?」と思ったら。

Pocket

新入社員のキミへ。「自分が社会不適合者なんじゃないか?」と思ったら。

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

キミが新入社員/若手社員であれば、毎日怒られてばかりのこともあるかもしれない。

・上司/先輩からは毎日怒られる
・当たり前のこと、簡単なことすらできない
・同期と比べても見劣りする

そんなことが続くと、誰だって自信喪失すると思う。
自分は社会人には向いていないんじゃないか、
自分は社会不適合者なんじゃないか、
って思うのも無理はないと思う。

でも大丈夫。どうか自信をなくさないでほしい。

どんな仕事でも、慣れるまで2〜3年かかる。
慣れてからが楽しい。

どんな仕事でも慣れるまで2〜3年かかる。
どんな仕事でも同じで、慣れてからが楽しい。
仕事に慣れるまでは、つまらなくて当たり前なんだ。
最初からすぐできる仕事なんてない。
仮にあったとしても、それはキミの能力よりはるかに低くて簡単な仕事だから、すぐできるんだ。

人間、どんな仕事でも、ある程度覚えて余裕ができないと、仕事を楽しめない。
それまで2〜3年かかるんだ。

最近だと「石の上にも3年は古い」なんて言われることが多いけど、だいたい慣れるまでにはそれくらいの時間がかかる。

学生のアルバイトみたいな単純作業なら、1週間や1ヶ月くらいで慣れる。
キミが社会人になっても、同じような仕事をしたいならいい。
でも、キミは違うよね。

社会人の仕事は、単純作業じゃない。
単純じゃない、すぐには慣れない、複雑な仕事だから、慣れるのに時間がかかり、慣れてから、成長できるんだ。

大丈夫。いつか必ず逆転できる。

同期と比較される…
年上の先輩との差がありすぎる…

そんな時、きっとキミは劣等感を覚えるだろう。
この社会人の人生が果てしないレースで、自分が最後尾にいて、置いていかれる気分がするかもしれない。

でも大丈夫。
それは、成長曲線の描き方が違うだけだ。

これは僕や僕の周りの人を見てても感じるけど、1年目で活躍している人/活躍できない人の図式は、10年後にはかなり入れ替わっている。
1年目でポンコツだった人が3〜4年目くらいからみるみる成長して、追い越すなんてことはよくある。

なんでもすぐにできる器用型の人じゃなく、努力型の人は、指数関数的な伸び方をする。
最初はなかなか伸びないけど、努力を続けていると、ある地点で一気に伸び上がってくる。

もちろん、逃げてもいい

努力が形になるまでに時間がかかる、という話をした。

もちろん、待たずに「逃げる」というのも一つの手だ。
特に仕事がつらすぎて身体に悪影響を与え始めている場合は、健康を優先で良いと思う。
身体は資本だから、唯一の資本に自由が効かなくなったら元も子もない。

ただ、短期間で退職をするのは、
・新しい職場を探す際には「すぐ辞める人」と思われやすい
・何度も転々とする「逃げグセ」が付きやすい
というデメリットもあるから覚えておこう。

どちらにせよ、最初は誰だって仕事ができないのは当たり前で、それだけで「自分に向いていない」「自分は社会不適合だ」なんて自信をなくさないでほしい。

仕事を覚えたその先に、キミが羽ばたける世界が待っているかもしれない。
どうせだったら、それを見たいじゃないか。
それは、きっとキミが乗り換えて見つけてくれるのを待っているだろう。

さあ、新しい一日が始まる。キミは何をする?

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。