「WING」20代の成長論 

挨拶は早撃ちと同じ。先に仕掛けたら、キミの勝ち。

挨拶は早撃ちと同じ。先に仕掛けたら、キミの勝ち。
Pocket

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

今日は挨拶の重要性について話したいと思う。

挨拶は早撃ちと同じだ。先に仕掛けたら、キミの勝ちだ。

挨拶は社会人として生きる上で基本中の基本。

ここで質問だ。

挨拶は誰のためにすると思う?

答えは、それは「キミ自身のため」だ。

挨拶をすることで、相手を明るい気分にさせる。

そうすれば、その明るい気分は、あなたへの好意となって返ってくる。

だから、挨拶は君から行わなければいけないんだ。

挨拶をする上で心がけてほしいことは、以下の3つだ。

1,笑顔で挨拶すること
2,挨拶が返ってこなくても、キミは挨拶を辞めないこと
3,苦手な人にこそ、進んで挨拶をすること

順に見ていこう。

1,挨拶は、笑顔で!

挨拶には「あなたのことが好きです」というメッセージが込められている。

そのメッセージを受け取って、イヤな気分にはなる人はいない。

むしろキミに対して好感を持つだろう。

そして、挨拶は反射する。

キミが不機嫌に挨拶をすれば、相手も不機嫌になる。

逆にキミが満面の笑みで挨拶をすれば、その笑顔は相手にも伝染るだろう。

キミが職場に明るく挨拶をすれば、職場は明るくなる。

そう。キミの笑顔は職場を明るくする力を持っているんだ。

挨拶で職場を明るくするのはキミの役目だ。

その座を他の誰にも奪われてはいけない。

「明るい挨拶といえば◯◯君/◯◯さん」と良いレッテルを貼られるくらい、明るい挨拶をするキャラを確立しよう。

2,挨拶が返ってこなくても、キミは挨拶をやめてはいけない

挨拶は、100%相手から返ってくるものではない。

たまに返してくれない人もいる。

そのときに「あいつは挨拶しても返さない奴だ」と勝手に相手を嫌ってはいけない。

もしかすると、相手も急に挨拶されて、びっくりしてしまったのかもしれない。

きちんと挨拶を返せなかったことを悔やんでいるかもしれない。

器の大きいキミは、そんな相手にもう一度チャンスを与えてあげよう。

何事もなかったのように、また次すれ違ったときに明るく挨拶をしてあげよう。

今度は相手も準備ができてるはずだ。きっと挨拶を返してくれるだろう。

挨拶を返してくれても、キミの明るさには届かないかもしれない。

そんな時は、会うたびに変わらず明るい挨拶をしてあげよう。

だんだん相手も明るい挨拶ができるようになってくる。

相手が先輩だろうが、挨拶レベルはキミの方が上だ。

毎日挨拶を続けることで、相手を育ててあげよう。

3,苦手な人にこそ、進んで挨拶をする

挨拶は、話しやすい人にこそやりやすいが、普段話しにくい人にはしにくいものだ。

だからこそ、そんな人にこそ挨拶をしよう。

挨拶はそんな相手との潤滑油になる。

気まずい関係であるときは、お互い挨拶をしにくい状況だ。

そんな時は、挨拶を仕掛けたほうが勝ちだ。

挨拶をしないままだとギスギスが続いてしまう。

キミが挨拶をしてあげれば、きっと相手も安心するだろう。

手はキミから差し伸べてあげるんだ。

挨拶はビジネスをする上で、非常に大切なものだ。

これができるか、できないか、がキミのビジネスマンとしての土台を固めることになる。

さあ新しい一日が始まる。キミは何をする?