コミュニケーション論

”感謝”と”I LOVE YOU”は、相手に伝えないと、思っていないのと同じ。

Pocket

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

どうも。ぶんぶんです。

今日は「”感謝”と”I LOVE YOU”は相手に伝えないと、思っていないのと同じ」というテーマでお話したいと思います。

なんか急にロマンチックなテーマに聞こえますよね(笑)

でもこれ、コミュニケーションではとっても大事なことなので、今日の話はしっかり心に刻んで、かつ行動に移せるようにしてもらえると嬉しいです。

では「”感謝”と”I LOVE YOU”」の「I LOVE YOU」の方から話したいと思います。

好きと伝えれば、少なくとも相手は幸せな気分になる。

たとえば、あなたに好きな異性がいるとします。ここでは彼氏彼女など、付き合っていない状況を思い浮かべてください。

その人と付き合うためには「好きです。付き合ってください」と告白しないといけない。とは思いつつ、失敗したときのことを考えると伝えるのをためらってしまう。
そしてそのまま時間が過ぎ、卒業だったりで、会わなくなり、その人とは付き合えず、またその人もあなたから好かれているという事実を知らずに人生を送っていく。

あなたがその人を好きだったという事実は、あなただけが知っていて、この世には出なかったんです。そう、「なかったこと」になったんです。

これ、すごく勿体ないことだと思いませんか?

成功するしないに関わらず、相手に伝えていれば、あなたがその人を好きだったという事実は世に出て、少なくとも相手はあなたから好かれていることを知ることができた。

自分が好かれていることを知って、相手が嫌がると思いますか?
少なくとも自分が好かれていることを知ったら嬉しくないですか?

仮にいろいろ考えた結果、「あなたとは付き合えない」と思ってお断りをされるかもしれない。
でも、誰かから好きになってもらえたというその事実が、いつかその人が落ち込んだ時の救いになるかもしれない。

だとしたら、好きなことを相手に言わない理由ってないと思うんです。

失敗が怖くて言えないのは、自分のことしか考えてないから。

もちろん、断られたらあなたはショックを受けるかもしれない。
でも仮に断られても、伝えた相手が喜んだり、いつかその人の心の糧になるんだったら、それってすごく意味があることだと思うんです。

本当に相手のこと好きだったら、それが相手の幸せに繋がると思って、きちんと好きだと伝えてあげる。
これが本当の優しさだと思うんですよね。

断られるのが怖くて言えないのは、ただの保身。

もし断られるのが怖くて好きと伝えられないなら、それって相手の幸せ云々より自分のプライドとかメンツが大事っていうただの保身で、あんまりカッコいいことじゃない。

だったら、「成功するか、否か」を心配するより、「相手に、あなたのその想いを残すか、もしくはなかったことにするか」という基準で考えた方がいい。

これは”感謝”の言葉も同じです。

親に感謝を伝えよう。

あなたは親や祖父母など、身近な人に感謝のことばを伝えていますか?
仕事の後輩や部下などに、感謝のことばを伝えていますか?

正直、上司や得意先に感謝の言葉を伝えるなんて、誰でもできます。
日本のサラリーマンは、息をするように得意先に感謝の言葉を述べています。

一方、部下や後輩には感謝の言葉を伝えていますか?
そして、親などの家族に伝えていますか?

上司やクライアントには感謝の言葉は言えるけど、部下や家族には言えない、という人が多いんじゃないかと思います。
その理由はただの照れだと思います。

これはさっきの好きと伝えると同じ話ですが、感謝の言葉も、相手に伝えないと、なかったことと同じになるんです。

部下はあなたからの感謝を言われるだけで、辛い仕事も頑張れるものです。

そして、親や祖父母などあなたの親族は、あなたから感謝の言葉を言われるだけで、今までの苦労がすべて洗い流されるくらい、救われた気持ちになります。

伝えるのが恥ずかしい相手ほど、感謝の言葉を言われて嬉しい相手です。

親も永遠に生きているわけではありません。
いついなくなってしまうかもわからないのです。
もし明日あなたの親が死んだとしても、あなたは感謝の言葉を言い忘れたことを後悔しないでしょうか?

いなくなってから感謝に気づくのは、あなたが普段甘えている証拠。

多くの人は、相手がいなくなった時に「もっと感謝の言葉を伝えればよかった」と後悔するものです。でも、いなくなってから気づくのは、普段その相手がいてくれることへの感謝が足りないからです。
相手がいつまでもあなたの側にいるような勘違いをしているのです。それはあなたがその相手に甘えている証拠です。今その人がいることで、あなたがどれだけ助かっているか、それに気づかないのは日々の感謝が足りないからです。

「I LOVE YOU」も「感謝」も伝えるのは、こっ恥ずかしいことだと思います。
でも、自分の恥よりも、相手の幸せのために、ちゃんと伝えてあげる、行動できるあなたは素敵な人です。

さあ、新しい一日が始まる。キミは何をする?

どうも、ぶんぶんでした。

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です