未分類

恋愛は等価交換。キミはあの人にお似合いだろうか?

Pocket

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

どうも。ぶんぶんです。

今日は「恋愛は等価交換」というテーマでお話させていただきます。

「どうでもいい人には好かれるけど、好きな人には好かれない」という病。

「なかなかいい異性に巡り会えない」という人の中には、「どうでもいい人には好かれるんだけど、好きな人には好かれない」という悩みを持っている人も少なくないんじゃないかなと思います。

もちろん、恋愛するのであれば、あなたが素敵だと思えるような男性(もしくは女性)と付き合いたいですよね?
ではなんで「好きな人には好かれず、どうでもいい人には好かれるのか」ということなんですが、これはある意味、当たり前のことなんです。

人って、基本的には価値がある人に惹かれるんです。
だからあなたが好きな人は、何かの価値が高い人。
そしてあなたのことが好きな人は、あなたに何かの価値を感じている。
あなたは、好きな相手と、どうでもいい人、その中間くらいの位置の価値を持っているんです。

たとえて言うなら、あなたが好きな人はレベル10、あなたはレベル7、あなたのことを好きな人はレベル5、みたいな感じです。

※もちろん、価値が全くない人というのはいないし、すべての人に価値はありますが、恋愛のためにわかりやすくさせてください。

好きな人に好かれるには、あなたがレベルアップすればいい。

じゃあ好きな人に好かれるにはどうすればいいか?
簡単ですね。あなたがレベル10に上がればいいんです。

これは、何も相手と同じスペックを持たなきゃいけないってことじゃないんです。
相手が年収1,000万だったら自分も1,000万にならなきゃいけないってことじゃない。
相手と同じだけの価値を持てればいいんです。

ここで重要な概念が「等価交換」という考え方です。

恋愛を成り立たせる「等価交換」の原則

ある売買や取引が成り立つ時、必ず同じ価値があるものを交換しています。
恋愛もある意味で取引です。

たとえばあなたが150円でジュースを買う時、150円という金額と、ジュースを飲むことで得られる快楽値が同じだから、あなたはジュースを買うのです。ジュースが1,000円であれば、あなたはジュースを買わないでしょう。

昔は、お金がなかったときは、物々交換をしていました。
毎日魚を取るAさんと、毎日肉を仕入れるBさんが取引をするとき、たとえば「魚2つと肉1つを交換ね」という条件で交換をする。
これによって、お互いが欲しい物が交換でき、Win-Winの関係が築けるんです。

ここで覚えておいてほしいことは、魚を売っている人と魚を売っている人同士では交換は成り立たないんですね。「それもう既に持っているよ」ということになってしまうので。

なので、年収1,000万の人と同じ価値になろうとして、自分も年収1,000万になるのは、交換が成り立たないんです。

じゃどうすれば交換が成り立つか?
年収1,000万の人が持っていない、かつその人が必要とする価値をあなたが持てば交換が成り立つんです。

それは料理が上手なことかもしれない。
健康に詳しいことかもしれない。
芸術的な趣味があることかもしれない。
読書が好きでいろんな本に詳しいことかもしれない。

今のあなたは、あの人と”お似合い”ですか?

あなたが何かの価値を持てば、そんなあなたを素敵と思う人が現れる。

今のあなたは、素敵なあの人とお似合いだと自信を持って言えますか?
彼(もしくは彼女)から与えられる価値と同等の価値を、彼(もしくは彼女)に与えてあげられる自信はありますか?

自分に価値を付ければ、必ずあなたを必要とする人が現れます。
自分に価値を付ければ付けるほど、自分を高値で売ることができるのです。

さあ、新しい一日が始まる。キミは何をする?

ぶんぶんでした。

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です