コミュニケーション論

合コンでは、会話に参加できてない人に話を振れる人がモテる。

Pocket

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

どうも。ぶんぶんです。

今日は「合コンではモテる人」とうテーマでお話したいと思います。

というか、これは「合コンでモテる人」というよりも、「モテる人はコミュニケーションでこんな習慣がある」という話に近いと思います。

なので、「合コンでモテたい」という目的の人よりも、「普段の人間関係でモテたい」とか「コミュニケーションの習慣をアップデートしたい人」に聞いてほしいないようになってます。

そもそも、「コミュニケーションが得意になりたい」って思ってる人は多いと思うんですが、「コミュニケーションが得意」っていうのも、いろいろな意味があるんですね。

たとえば、
・人を笑わせるのが得意
・プレゼンが得意
・人の話を聞くのが得意
・1対1での会話が得意
・複数人での会話が得意
などなど、です。

実は世の中で「コミュニケーションが得意」って言われる人でも、上記の全てが得意って人は実は少ないんですね。
むしろ、どこか秀でていれば、どこかが劣っていたりもする。
たとえば、機転の効いた話で人を笑わせるのが得意な人が、人の話をちゃんと最後まで聞いたりするのが下手だったり。
その逆に、機転の聞いたウケる話はできないけど、聞き上手で相手の話を広げるのが上手い人もいる。
また、1対1での会話は得意なのに、団体での会話は苦手だったり…。

同じコミュニケーションという領域でも、それぞれのスキルはまったく別物だったりする。

その中でも、今日は「これができれば絶対モテる」という具体的な話をします。

これはもう冒頭でネタバレはしちゃってますが、ズバリ「会話に参加できていない人に話を振れる人」です。

複数人での会話をする時に、その場を盛り上げられる人は居ます。

誰かをイジって笑いを取ったり。
面白い話を自分がしゃべって笑いを取る。
こんな人がいると、その場の雰囲気は明るくなります。

ただ、本当に皆が楽しく心地よい気分になっているかと言ったら、実はそうでもなかったりする。

人の会話での最大の欲求は、「自分の話を聞いてほしい」ということだからです。

だから、大勢の会話で、誰かの面白い話を聞いて、聞き手で笑っている人も、ある程度演技で笑っていたりします。

本当にモテる人はやることが違います。

複数での会話であれば、一人ひとりに話を振ってあげることができる人です。自分がたくさんしゃべる人でありません。

社交的でない人は、全体で会話が盛り上がっている時でも、会話に入り込めなかったりします。
そんな人にサッと「〇〇さんはどう思う?」と話を振れる人がモテる人です。
それできちんと話を聞いて、否定せず、リアクションを返してあげる。

そうやって周りに話を振れる人がいる会話は、参加者全員が気持ちよく、満足感を持てる会話になります。
それが、本当の意味で、みんなが楽しめる会話なんです。

話を振られた人は、自分の考えを話せて、リアクションを取ってもらえる。
その人は、それだけで承認欲求が満たされるものです。
人は、自分の承認欲求を満たしてくれる人に好意を持つと行っても過言ではない。

話を振られた人から好感を持たれるのは当たり前ですが、そんなあなたを端から見ていて、そのさりげない気遣いに気づいた人もあなたに好感を抱きます。

これは、話を振られた人が感じる好意より、一段レベルの高い好意です。
好意の量が多いという意味ではなく、人間的にレベルの高い好意の持ち方です。なので、人間的にレベルの高い人から好意を持たれる、ということです。

さりげない気遣いを気づかない人もいます。
ですが、気づく人は気づきます。
気づかない程度の人からは好かれる必要はありません。
「気づく人は気づく」「見る人が見ればわかる」そういう行動を取れる人が、素敵な人から好かれる方法なのです。

さあ、新しい一日が始まる。キミは何をする?

どうも。ぶんぶんでした。

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です