上司・リーダー論

叱っても怒っても、侮辱する言葉は言わない。侮辱された一言は、一生覚えている。

Pocket

叱っても怒っても、侮辱する言葉は言わない。侮辱された一言は、一生覚えている。

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

キミは、仕事ができないあまり、上司やクライアントから詰められたり、場合によっては人格を否定されたり、侮辱されるような事を言われたことはないだろうか?

もしキミに後輩がいたら、逆に後輩に対してそのような接し方をしてはいないだろうか?

僕は新人時代、毎日のように上司や先輩から怒られてばかりの毎日だった。

当時の僕は確かにかなりのポンコツだったし、それはしょうがないことだと思う。

その当時言われたことは、覚えていないことも多いし、覚えているものも今思えば「そりゃそうだよな」と思うことが多い。

ただ、そのいろいろ言われた中で、今でも忘れられない、納得できないダメ出しがあった。それは、僕の兄や当時付き合っていた彼女を馬鹿にされたことだ。

「お前の彼女なら変な奴に違いない」
「お前の兄なら変な奴に違いない」

これだけは今だに覚えている。
実際、その人にとって僕はかなりポンコツに映っていただろうから、僕のことを説教したり、また馬鹿にするのもまだわかる。
でも僕の兄や彼女には会ったこともないし、それなのにバカにするのは間違っていると思う。(仮に会ったことがあったとしても辞めてほしいが…笑)

そして、その人のことは、未だにどこか好きになれないところがある。
正直、その人に仕事の相談をされても断る自身がある。

今は、お互い違う会社にいる。
そして、何かあれば僕は当時の上司に「仕事を振る」側の立場にいる。
ただ、その人にだけは仕事を依頼する気になれない。

人と人との関係は、いつどうなるかわからない。
受発注の関係もいつ逆になるかわからない。
上司部下の関係もいつ逆転するかわからない。

だから人の縁、特に目下の人との接し方は気をつけなければならない。

もちろん過度に神経質になる必要はない。
叱っちゃいけないとかいうことは絶対ない。
ただ、上司部下の関係を超えて、人間対人間として、失礼なことは言ってはならない。
それは相手を一人の人間として、最低限の尊重を欠いた行為になる。

どんなにポンコツだったとしても、一人の人間としての最低限のリスペクトを持って接しよう。

キミにも、人から言われたことで、傷が残っていること、許しきれないことがあるかもしれない。
同じような苦痛を人に与えないようにしよう。

一人ひとりをリスペクトできる人間が、本当の人望を集めることができる。
そのポンコツだった後輩が成長した時、別々の仕事をするようになっても、きっとまた力を貸してくれるようになる。

神様がポンコツな後輩に化けてキミの目の前に現れ、キミをテストしに来たんだ。

さあ、新しい一日が始まる。キミは何をする?

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。