コミュニケーション論

仕事で出会うムカつく奴に復讐するため、勉強しよう。

Pocket

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

仕事をしてると、ムカつく奴にたくさん出会うよね?

年功序列社会だと、年上で先輩だからという理由だけで、理不尽なことを言ってくるやつもいるだろう。
営業とクライアントの受発注の関係だと、クライアントから理不尽なことを言われても、逆らえず悔しい思いをしている人も多いだろう。

そんなムカつく奴がいても、関係を断ち切れない、反抗できず我慢しなければならない。それがサラリーマンのキツイ所だと思う。

少なくても今の上司-部下の関係、営業-クライアントという関係性が続く限り、その理不尽さからは逃れられない。

ムカついても、そのムカつきを他の人に伝染させないようにしよう。

ムカつく人に接したら、自分も気分が悪くなりイライラしてしまう。

イライラした状態で他の人と接すると、知らず知らずのうちに、他の人にキツく当たってしまう。
だから、キミの大切な人を傷つけてしまう場合もある。

それだけはやめよう。

そのイライラの連鎖をキミで止めたら、キミは最高にカッコいい。
それができる人がヒーローだ。

キミはそのムカつく相手とは違う。
人としての格が違うはずだ。

キミはいつでも、キミという人間の器を損ねないように、勇気と優しさを持って行動しよう。

ムカつく相手よりも、稼げるようになろう。

そのムカつく相手が自分より稼いでいたりすると、尚更気分は嫌なものだ。

僕の場合は、サラリーマンとしては、今の会社が3社目で、転職するごとに年収が大幅に上がったから、今までの2社で出会ったムカつく奴よりは稼ぐことができるようになった。

そうすると不思議なもので、かつてのムカついてきた連中がヒヨッコに見えてムカつきもしなくなるから不思議なものだ。

同じ会社で頑張っている限りは、収入で考えても、仕事内容で考えてもなかなか逆転をできるものじゃない。

ムカつく相手を逆転するシナリオを描いてみよう。

ムカつく相手よりも、自己実現しよう。

ムカつく相手への最高の復讐は、キミが成功することだ。
そして、その相手よりも、人生を楽しむことだ。
そいつがキミのことを羨ましく思うくらい、成功しようじゃないか。

ただ稼ぐだけじゃない。
うんと楽しんで稼ごうじゃないか。
キミの好きや得意を活かして、成功しよう。

自己実現以上の成功・幸せはない。

自己実現するためには、その為の勉強・努力をしなきゃいけない。

僕も今でもムカつく奴はたくさんいる。
そいつらに勝つためには、稼ぐだけじゃなく、いかに自己実現をするか、自分にしかできないことをやれるかが大事だ。

自己実現するためには、自分にしかできないことを。

今の僕にとって大事な自己実現は、仕事で悩みを抱える20代の若手の手助けをすることだ。

もし仕事の悩みを抱えて自殺を考えている人が、僕のブログを見て自殺を思いとどまってくれるなら…
毎日を暗い曇り空の下で行きていて、少しでも明るい希望を見出してくれたら…
僕はブロガー冥利に尽きる。
それ以上の生きがいはない。

僕自身が体験して覚えたことの発信だからこそ、自分にしかできないことなんだ。

人生は長距離レースだ。逆転できるチャンスは、いくらでもある。

社会人になってからは勉強する人が少ない。
勉強する人としない人ですごく差がつく。
だからこそ、社会人になってからの勉強でいくらでも逆転できる。

5年後、10年後に逆転したらいい。
人生というレースは長距離レースだ。

キミは、ムカつく相手に悔しい思いを抱きながら一生を終えるのか。
努力して、そいつよりも楽しい人生を歩むか。

さあ、新しい一日が始まる。キミは何をする?

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です