仕事論

レスが遅い人は、自分が仕事を止めていることに気づいてない。

Pocket

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

今日はメールの「レス」について話そうと思う。

社会人になる前、学生時代からメールの返信が早い人、遅い人っていたんじゃないかな?

たとえばグループに飲み会やイベントの案内の連絡をしたときに「行く/行かない」の返事が早い人と遅い人、もしくはいつまで経っても返事をしてこない人がいるだろう。

早い人はいつも早くて、遅い人はいつも遅い。
そう決まってたんじゃないかな?

レスをしない人というのは、自分が周りに迷惑をかけていることに気づいていないんだ。

飲み会やイベントの主催者からしてみると、レスがないと日程や人数の確定ができず、話を進められないんだ。

そう、レスが遅い人は「人を待たせていることに気づいてない」んだ。

待ち合わせに大遅刻することは、人を待たせていることにわかりやすい。

でもレスが遅いというのも人を待たせていることに変わりはない。

仕事でもレスの早い人、遅い人がいる。

早い人はいつも早く、遅い人はいつも遅い。

レスの早さと仕事のできる度合いは比例する。

仕事というのは関係者とコミュニケーションを取りながら進めていくものだ。

だからレスが遅いとコミュニケーション自体が滞り、文字通り話が進まなくなる。

レスが遅いと仕事が進まないんだよ。

メールで3ターンするときに、返信するのに1日かかる人は、3ターンするのに最低3日間もかかってしまう。

10分で返信する人は、3ターンが最低30分で終わるんだ。

3日間と30分。

仕事が早い人と遅い人はこれくらいの差がつくんだ。

これを一年間続けたら生産性に雲泥の差がつくのがわかるよね?

キミはレスが遅いノロマ君になってないかな?

メールの内容がその場で判断できない場合でも、「検討します」などでもいいから一度返そう。

キャッチボールの回数が多いほど仕事は早く進む。

キミがキャッチボールを止めないこと。キミの方が若手であれば尚更だ。

「確認します」「相談します」でも何でもいい。

レスを早くするクセをつけよう。

レスが来ると相手は「ちゃんと自分のメールが読まれたな」と安心するものだ。

そして読んだ相手が検討しているというステータスがわかる。

人は相手のステータスがわからないのが一番不安になるんだよ。

だからレスはすぐしてあげることが必要なんだ。

レスの早さは相手に対する気配りの最たるものだ。

レスを早くする、という誰でもできることをちゃんとやっていくことで人からの信頼は集まるものなんだ。

大丈夫。こういう当たり前の積み重ねでしか差はつかないから。

さあ明日はどんな一日にしようか?キミの新しい物語を聞かせてくれ。

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です