コミュニケーション論

コロナで外出自粛中だからこそ、GWは成長のため自己投資しよう。

Pocket

コロナで外出自粛中だからこそ、GWは成長のため自己投資しよう。

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

キミはこのGW、何をする予定だろうか?

大型連休ではあるものの、正直旅行にいく人も、街で遊ぶ人も少ないと思う。
GWも「Stay Home」でできることを探すことになると思う。

今この外出自粛中にほとんどの人がやっていることと言えば、家でテレビを見たり、NETFLIXやAmazon Primeでドラマやアニメを見たり、マンガを見て過ごしている人がほとんどだろう。

どうせ外出できないんだ。
だからこそ、周りに差をつけるための自己投資をしよう。

・「時間つぶしの為の消費」に時間を使うか
・「将来に向けた成長の為の自己投資」に時間を使うか
この連休の時間の使い方で、キミの運命は大きく変わる。

このブログを読んでくれているキミであれば、それなりの向上心があるはずだ。

そんなキミの為に、GWでできるおすすめの自己投資を3つ紹介したいと思う。

【コロナで外出自粛中のGWにできる、成長のためのおすすめ自己投資①】
小説の読書

1つ目は小説を読むことだ。

小説は、人によってジャンルの好き嫌いもあるので、キミの好みで選んで問題ない。
キミが個人的に読みたいと思ってたけど読む機会がなかった本を読むのが一番だ。

読む本を悩むよりも、気になってた中からすぐ一冊を選んで、どれでもよいから読み始めよう。そうするとどんどん進んでいき、一冊読み終えれば二冊目、三冊目…と読みたくなってくるだろう。

GWが終わっても、読書の習慣が残り、引き続き小説を読む習慣がつくと思う。

たとえば、
・星の王子さま
・銀河鉄道の夜
のような、この題材自体が他の作品に使われるものを読んだことがない人は是非読んでおきたい。

長編小説にチャンレンジしたい人は、
・罪と罰
・カラマーゾフの兄弟
・戦争と平和
を読破すれば、読書レベルが確実にワンランクアップすると思う。

【コロナで外出自粛中のGWにできる、成長のためのおすすめ自己投資②】
ビジネス書の読書

これも小説と同じように、自分が興味を持っていたけど、なかなか読む機会がなかった本を読むのがベストだ。

自己啓発書を読んでみたい人は、以下3つは自己啓発書の中では定番中の定番なので、読んでおいて損はないと思う。否、読んでおけば、今後の人生で必ずプラスに働くと思う。

・7つの週間
・人を動かす
・嫌われる勇気

【コロナで外出自粛中のGWにできる、成長のためのおすすめ自己投資③】
映画鑑賞

3つ目は映画鑑賞だ。

読書と比べると、少し消費活動に近いが、名作映画にはただの消費ではなく、学ぶべきものが詰まっている。

一流のストーリー、一流のセリフ、一流の音楽…
そこから味わえる余韻は贅沢の極みだ。

もちろん、上記の読書と同様に、自分の見たかったのも見るのも構わないが、
「見ていないと恥ずかしい」
「これを見ていないと映画好きとは語れない」
と言い切れる、超がつくほどの名作中の名作映画を20本厳選したので、見ていない作品があったら、是非この外出自粛中のGWに見ておこう。

映画漬けの連休にすれば、20本だから、全部見ても、連休中に20本コンプリートすることもできると思う。

名作中の名作映画20選

・ゴッドファーザー
・ローマの休日
・バック・トゥ・ザ・フューチャー
・ニューシネマパラダイス
・ショーシャンクの空に
・カサブランカ
・素晴らしき哉、人生
・ベン・ハー
・風と共に去りぬ
・時計じかけのオレンジ
・スタンド・バイ・ミー
・スティング
・ロミオとジュリエット
・タイタニック
・雨に唄えば
・アラビアのロレンス
・サウンド・オブ・ミュージック
・レオン
・七人の侍
・東京物語

この連休を自己投資に使うことで、未来は大きく変わる。

いかがだっただろう?

なんでもいい。
このGWを、キミの未来への投資に使ってほしい。
こんな大規模な外出自粛は二度とないだろう。

この羽ばたけるチャンスを、どうか無駄にしないでほしい。
キミの羽ばたく未来は、このGWから始まる。

さあ、新しい一日が始まる。キミは何をする?

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。