仕事論

かかって来た電話に出ないと、「話しかけにくい人」になっていく。

Pocket

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

今は仕事用に一人一台スマホを持っている人が多いんじゃないか。

普通に考えればキミにかかってくる電話に出るのは当然だと思う。

それがすごく忙しい時やあまり嬉しくない場合の電話だったらどうだろう。

「この人は後回しでいいや」

そう思ってしまって折り返さず終いになってる人はいるんじゃないかな?

たとえばキミが電話に出なかった場合、かけた人はキミが電話に出なかったという理由で同じ内容の電話をキミの同僚や部下にすることになる。

そうすると要件をキミではなくキミの同僚や部下と話し始め、キミはコミュニケーションのラインから外れてしまうことになる。

それだけならまだしも、一番の痛手は「キミが電話に出ない人」というレッテルを貼られることだ。

仕事において「コミュニケーションを取りたくても取れない状況」というのはものすごくストレスがかかる状態だ。

そしてストレスの矛先はキミになる。

不思議なことに、電話に出ない人、というのはいつも決まっていることだ。

そして「あの人に電話してもどうせ出ないだろうな」と思われる。

いつも電話に出てくれる人が「話しかけやすい人」と思われるのとは逆に、いつも電話に出る人は「話しかけにくい人」と思われてしまう。

話しかけにくい人、というのはイコール、一緒に仕事をしたくない人になってしまう。

そういう人は、組織内での評判は必ずと言っていいほど悪くなる。

そして重宝されなくなる。

すべての仕事はサービス業だ。電話に出ないというのは、レストランの店員を呼んでも誰も来ないことと同じだ。

以下にキミのサービスレベルを上げていくか、がキミの仕事力向上や信頼度向上に結びついていくんだ。

明日はどんな一日にしようか。キミは何をする?

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。