仕事論

「金額が高い」は金額ではなく、クオリティへの不満。

Pocket

「金額が高い」は金額ではなく、クオリティへの不満。

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

ビジネスマンにとって、見積のやり取りや金額交渉なんて日常茶飯事だと思う。
キミの出す金額が「高い」って言われると、きっと多分いい気がしないよね。

金額が高い、と言われるのには理由がある。

「金額が高い」と言われるのは、キミが提供するサービスの満足度と比べて、金額が高い、と言われているんだ。

キミへの満足度<コスト
になってしまっているってことだ。

お客様の満足度のポイントは「クオリティ」と「スピード」。

じゃお客さんが感じる「サービスの満足」とはなんだろうか?

実はサービスの満足度は、2つしかない。

クオリティとスピードだ。

たいしたクオリティのものを出していないのに値段が高いと、そりゃその不釣り合いから不満が出て当たり前だ。

「大したもの作ってないんだから、もっと安くしてよ」とは誰もが思うだろう。

満足されなかった時に、自分たちの都合を言い訳にしない。

「高い」と突っ込まれた時、「高くなるのは〇〇が理由だからしょうがない」と自分たちの理由を押し付けようものなら最悪だ。

相手からすると、そんな理由は知ったこっちゃない。

クオリティやスピードへの満足度は、キミが判断することじゃなく、あくまでも受け手であるお客様が判断することだ。

満足度を表す公式

お客様の満足度を測る方程式はシンプルだ。

■お客様の満足度を高める方程式
クオリティ+スピード ≧ コスト

■お客様の不満を高める方程式
クオリティ+スピード ≦ コスト

ここであるパラドックスに気づくだろうか?

満足度を高める方が、コストの方が小さいので短期的には損をして、
不満を高める方が、コストの方が大きいので短期的には得をするんだ。

目先の利益に飛びつかない

もしキミがビジネスマンとして成功したいなら、
前者の短期的な損を取らなきゃいけない。

逆である後者の「短期的な得」はクライアントからは不満が高まるから、その不満が一定以上に高くなってしまうと、結局お客様から切られてしまうんだ。

前者は「短期的には損」だけど、満足が高いから、ビジネスが長期的に続く。

そして、
クオリティ+スピード ≧ コスト
この公式からも分かる通り、
クオリティとスピードが高くなるほど、許容できるコストも上がる。

稼ぎたければ満足度を上げる

だから、お金を稼ぎたければ、常にクオリティとスピードでクライアントの満足度を高めれば、それに比例してもらえる金額も増える。

そして、明らかにクオリティとスピードで満足を与え続け、金額も控えめにしていたら、向こうからもっと払いたいと思うだろう。

いつでも、「クライアントの満足度≧自分の利益」が成り立つように仕事をする。

信頼を上げると、交渉がかなり楽になる。

信頼を上げておくと、向こうからもっとお金を支払いたくなってくる。

そしてそのうち、大きな金額感のビジネスを任されるときがある。

その時に、信頼が高ければ、大きなお金を動かせるだけの金額を払ってくれるんだ。

チマチマ少ないお金をもらうよりも、やがてくる大きな仕事に向けて、一つ一つ、今はクライアントの満足度を高めることに専念しよう。

さあ、新しい一日が始まる。キミは何をする。

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。