仕事論

「何か手伝えることありませんか?」と周りを助けられる人間になろう。

Pocket

「何か手伝えることありませんか?」と周りを助けられる人間になろう。

おつかれさま。今日はどんな一日だった?

仕事はチームでやるものだ。

けど、同じチームの中でも、仕事が早めに終わって早めに帰れる人と、仕事が溜まってなかなか帰れない人がいるよね。

そんな時、キミはどう思うかな?

もしキミが早めに帰れる立場の方であれば、積極的に周りの仕事を手伝ってあげよう。

世の中には人の仕事を手伝うことを損するように考える人もいる。
そんな人は周りに仕事で困っている人がいても、自分さえよければいい、というふうにきっと見てみぬふりをするだろう。

ボクは、キミに人の仕事を手伝える器の大きな人間でいてほしい。
なにより、それはキミの成長につながる。

なぜ、チャンスが来ないのか?

世の中には、「仕事を通じて成長したい」と思っている人はごまんといる。

けど成長したいと思いながらも、自ら成長できる仕事を本当に取りに行く人は少ない。

「成長できる環境が今の職場ではないんです」なんて思ってたり言う人も多い。
でも本当にそうだろうか?

実は成長できる新しいチャレンジはすぐそこらに転がっている。
なぜそのチャンスは彼らのところに来ないのだろうか?
それは仕事で「待ち」の姿勢をしているからだ。
新しい仕事にチャレンジできる一番カンタンな方法、それは周りの仕事を手伝うことだ。

まずはキミの直属の上司や先輩の仕事を手伝おう。
キミが手が空いているとき、上司が忙しそうにしていたら、自分から「何か手伝えることありませんか?」と聞いてみよう。

上司の仕事を助かるメリット

上司から気に入られる。認められる。

自分から部下に振るまでではないと思いつつ、忙しくしているところに部下から「手伝います」なんて言われたら、「なんて気が利く奴なんだろう」と思うに違いない。

「助けられた」と肩の荷が軽くなるるとともに、自分から仕事をやるキミの主体性をすごく頼もしく思うだろう。

キミは一気に認められる存在になる。

新しい仕事に挑戦でき、成長できる。

キミの株があがるだけでなく、新しい仕事に挑戦できて、成長できるメリットもある。

忙しい上司ほどレベルの高い仕事をしている。
その仕事を一部でも手伝わせてもらうだけで、キミはワンランク上の仕事に調整できる。

かつ、仕事を手伝う場合、その仕事の責任者はキミではなく、その仕事を抱えている上司だから、キミは責任を取る必要もないし、新しい仕事に挑戦できるというメリットがある。

指示待ち人間ではない、主体性を身につけられる。

一番のメリットは、指示待ちではない主体性が身につくことだ。

主体性というのは、自分から仕事を見つけて働きかけていくことだ。

仕事は「与えられる」という受け身よりも仕事を「見つけに行く」という能動的・主体的に動ける人間が組織で重宝される。

周りが忙しくしている時は、自ら助けに行くチャンスだ。

そのチャンスに自分から飛び込む姿勢が、周りの目に止まり、どんどん重要な仕事を任されるようになっていく。

そう、周りを助けに行く人間が、最終的にチャンスを手に入れるんだ。

さあ新しい一日が始まる。キミは何をする?

ABOUT ME
ぶんぶん
慶應大学商学部卒。大手広告代理店に所属。 学生時代に対面コミュニケーションを学ぶため、家庭教師の訪問販売の仕事にチャレンジし、売上ゼロから1年間で全国1位の売上を記録。 大学卒業後、大手広告代理店に入社。 グローバルIT企業、食品メーカー、家電メーカー、大手教育会社、メガバンク、のCM制作などマーケティング施策を担当。 自身の仕事の挫折経験とそれを乗り越えた経験から、20代を中心に次世代を代表する人材を育てるための「ブログWING」をスタート。